日本看護技術学会

  • 学会について
  • 学会誌のご案内
  • 学術集会のご案内
  • 委員会のご紹介
  • 研究助成のご案内
  • ガイドライン案
  • リンク集
  • 入会のご案内
  • 会員マイページ
  • 賛助会員
  • J-STAGE
  • 機関リポジトリ登録について
  • 日本看護技術学会HOME

第12回学術集会 会長挨拶

 日本看護技術学会第12回学術集会を終えて

「美しく看護(みまも)るための心・技・体(しん・ぎ・たい)

  ―看護技術の真価/進化をめざして―」

 

会長 渡邉 順子(聖隷クリストファー大学看護学部)

 

この度、みなさまのご支援のもと、静岡県浜松市において日本看護技術学会第12回学術集会を初めて開催し成功裡におさめることができました。心より感謝いたします。以下に学会概要をご報告させていただきます。

 

2013年9月14日(土)・15日(日)に、アクトシティ浜松・コングレスセンターにおきまして、キーセッション5題、ワークショップ5題、ランチョンセミナー1題、交流セッション9題、一般演題総数103題からなる盛大な学術集会を開催することができました。参加者総数は約800人に及びました。

 

本学会がめざす「看護技術」:Nursing Art & Scienceは、単に手先のテクニカルなことだけではなく、目に見えない「看護(の技)」がどのように人々の病を回復させ元気にするかを追求しています。この度、初めて浜松で学術集会を開催するにあたり、<看護の美>を強調したいと考えました。そこで第12回学術集会のメインテーマを、「美しく看護る(みまもる)ための心技体~技術の真価/進化をめざして~」としました。

 

キーセッション1(会長講演)では、美しさには計算尽くされた強さがあり、世の中では「技」として評価されていることが多く、さらに美しい技には人々を幸せにする力があります。美しい技をもつナースにはより美しい心と体が求められます。しかし、いま、多くの看護師たちはさまざまな葛藤から原因不明の腰痛という身体症状となり苦しめている現状をご報告し、身体的姿勢の改善よりもむしろ心理社会的姿勢の改善が必要と警鐘しました。

 

キーセッション2(特別講演)として、「能楽」の第一人者で「梅若会」の角当行雄氏とご子息の角当直隆氏のご協力を得て、能楽独自の美の世界観についてご講演と実演をしていただきました。能学独自の美の世界観と看護の接点を心ゆくまで堪能できました。また、(株)資生堂さまのご協力を得て、キーセッション4「化粧療法」を企画しました。「化粧」は、美の追求と皮膚科学が織りなす「技」の極致であり、進化発達がめざましい分野でもあり、美の追究だけでなく、「化粧療法」すなわち整容技術が認知症高齢者の心と体に与える力強さを実体験できました。

 

キーセッション3(教育講演)として、現在、名古屋市東部を活動拠点とする若き医師集団の代表舩木良真先生をお招きし、60カ所の訪問看護ステーションとの連携により新しい都市型在宅医療モデルを提唱し、医療と看護の連携技術の醍醐味をご講演していただきました。

 

キーセッション5(パネル徹底討論)として、川嶋みどり先生と労働経済ジャーナリストの小林美希氏、そして聖隷三方原病院総看護部長の吉村浩美氏により「病院看護の真価と進化」のテーマのもと、病院看護の真価は何か、どの方向に向かって進化すべきかを討議していただき、会場との白熱した討論が充実していました。

 

外見的な美しさに惑わされることのない「内面的」な美しい心技体が「看護」をどのように変化させるか、心ゆくまで語り合えた学会と思います。懸念された「台風18号」は、学会が終了した夜半に浜松市に上陸し、まさに大過なく無事に過ごすことができました。深く御礼申し上げます。ありがとうございました。